インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルの働き

インナーマッスルとは、骨の表面の筋肉をつないでいるもので、
からだの表層ではない、深い部分の「深層筋」のことです。
インナーマッスルには、大きく分けて
姿勢、間接、代謝の3つの働きがあります。
モデルさんが、背筋の伸びた姿で、歩きにくいハイヒールを履いても
美しくスラリと見えるのは、インナーマッスルが大きく影響しています。
この深層筋を鍛えることで、代謝が向上し、ダイエット効果につながります。
もし、インナーマッスルが、加齢や運動不足で、衰えてしまえば、
新陳代謝が低下したり、立ち姿、座った様子がきれいでなくなったり
骨が湾曲してたり、ゆがんだりしてしまいます。
その結果、余計な脂肪がたまりやすくなったり、
肌荒れを起こしたり、腰や関節など、柔軟性が無くなり痛みを感じるようになったり、
疲れがたまりやすくなり、疲れがなかなか抜けなくなったりしてしまいます。
キレイなからだを保つためには、インナーマッスルが
不可欠なことがお分かりいただけましたでしょうか?
インナーマッスルは、からだの深部で、からだを支えている筋肉です。

しっかり鍛えるようにしましょう。


「VPSサーバー」を借りてみよう!